介護認定調査員は看護師?ケアマネ?

   

要介護認定を申請した時に、訪問調査というものがあるって言われたんだけど、その時に来る介護認定調査員ってケアマネさんなの?それとも看護師さんなの?

介護認定調査員は看護師?ケアマネ?誰がやっているの?

 

要介護認定の申請をすると、一次判定の材料となる訪問調査が行われます。

その訪問調査を担当するのが、「介護認定調査員」です。

介護認定調査員が出来るのは、

  • 介護保険の新規申請:市町村職員・事務受託法人
     
  • 更新申請など:市町村職員・事務受託法人・ケアマネージャー・居宅介護支援事業者・介護保健施設・地域密着型介護老人福祉施設などの従事者

となっています。

民間の居宅介護支援事業所のケアマネが、市町村からの委託を受けて、認定調査員としての仕事をすることもあるということです。

 

また市町村が雇用する際は、保健師・看護師・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格保有者を要件としている自治体が多いようです。 その他、医師や理学療法士、介護業務1年以上の経験があるホームヘルパー2級以上保持者なども任用資格としてあげられます。

様々な職種の中では、介護保険に通ずる資格として認定調査員に最適な資格は、ケアマネージャーであると私は思います。

 

このように、看護師やケアマネだけではなく、様々な職種の方が介護認定調査員をすることができますが、資格があるから誰でも介護認定調査員が出来るかといえばそうではなく、都道府県・指定都市で行われる「介護保険認定調査員研修」を受けなければ業務に就くことは出来ません。

余談ですが、介護認定調査員の任期はだいたい1~2年で、5年を限度としている自治体がほとんどです。しかし実際は1~2年で介護認定調査員を辞めてしまう方が多いんだそうです。もちろん10年以上調査員をしている方もいらっしゃいますが。

 

良い介護認定調査員とは(看護師談)

 

介護保険の認定調査員は、元職・現職はケアマネでも看護師でもあるということですね。 ちゃんとした研修もあるしテキストもあるので大丈夫でしょうが、看護師やケアマネでない福祉職から来た方は、訪問調査の際の質問事項には医療的に専門的な部分もあるので、やはり慣れるまでは大変みたいです。

介護認定調査員の方には、最後まで真摯に対応して下さる方と、形式的な質問だけで終了してしまうという方がいらっしゃいます。 もちろん調査に感情を挟むことは良くないので、書類上にある質問を淡々とこなしていくことも、調査員としては有りなのでしょう。 ですが、やはり書類上に現れていない部分まで、しっかり聞き取りしてくれる調査員の方が、信頼も得られますし、調査を受ける方も安心できます。

介護認定調査員は、元々の職種も重要かもしれませんが、そういった相手への配慮ができる心を持っていることも重要なのではないでしょうか。

 - 介護