要介護認定にコツや裏ワザはある?

   

前回の要介護認定では、本当は動くことすらままならないのに、要支援の認定が出てしまった。
何がいけなかったのかな?本人の状態にあった介護度が出る、何か要介護認定のコツみたいなものあるのかな?

要介護認定にコツや裏ワザはある?

 

ここでは要介護認定で、実際に本人のことを調べる訪問調査について、「コツ」や「裏ワザ」をご紹介します。

まずは、いくらコツや裏ワザと言っても、虚偽の内容は絶対に伝えないようにしましょう。 嘘をついても、主治医意見書や訪問調査票との整合性が取れず、認定結果にズレが生じ、再審査などで余計に時間がかかることもあります。

あくまでも正確な内容を伝える前提での「コツ」「裏ワザ」となります。

 

単に「できる」と伝えるだけではダメ!

できることであっても、単に「できる」と伝えるのではなく、どのような方法で、どの程度できるのかをきちんと伝える必要があります。

 

立ち合い者がいる方がいい

身寄りのない場合は仕方ないですが、家族や介護者がいる場合は必ず訪問調査で立ち合いをしましょう。ふだんは離れて暮らしている方なら、調査の日にいきなり立ち合うのではなく、出来れば1~2日は本人と一緒に過ごして具体的な状態を把握しておいた方がいいでしょう。

 

介護の内容と要する時間を正確に伝える

実際に介護している内容と、ひとつひとつの介護に要する時間はしっかりと伝えましょう。
要介護認定は「介護の手間がどれくらいかかっているか」で決まります。

 

立ち合いの際はメモを用意しておく

  • 本人・介護者が困っていること
  • 介護が必要な内容・状況、認知症の状態(徘徊や昼夜逆転など)
  • 病気やケガの既往歴

などを事前にメモしておくと、調査の際にきちんと伝えられます。

 

本人に無理をさせない

訪問調査だからといって、構えないようにすることも大切です。
出来る限りいつもの状態でいられるようにしましょう。
調査員がきちんと説明してくれると思いますが、内容によっては失礼なこと(認知症や失禁など)を聞かれることもあるけれど、ちゃんと状態を知る為だからとご本人に話しておいてもよいでしょう。

 

ケアマネが語る要介護認定の一番のコツは

 

要介護認定のコツは、申請者(本人・家族)が一番大きく関わる訪問調査にあると思います。

ですが、実際訪問調査で立ち合いをされても、状態がよくわかっていないご家族もおられます。 ひとり暮らしの親の認知症が相当進行していても、ご家族はたいしたことないと捉えていることも少なくありません。 そのため、適切な質問をされても、ご本人の正確な情報を伝えられずに、結局介護度が低かったり、下がったりということもよくあります。

いつもはできないのに、訪問調査の日だけは家を綺麗に片付けたり、よそいきに着替えておしゃれしたり、本人がお茶を出したりされることもありますが、これはやめておきましょう。 「介護の必要性」はないと判断されてしまいます。(だからと言って、わざと部屋を散らかしたり、汚れた格好をする必要はありません。いつものままで良いということです。)

ひとり暮らしだと「軽度」、介護者がいると「重度」の判定が出るとよく聞きます。 ですが、出来るだけ正確に調査員に日々の状況を伝えることで、ひとり暮らし、介護者ありは関係なく、適正な介護度が出ると考えています。

 

 - 介護