要介護認定に申し立てってできる?どうやる?

   

母の要介護度が3から1へと下がってしまった今回の要介護認定の結果にどうしても納得できない。
どうしたらいいんだろう?どこかに申し立てって出来るのかな?

 

要介護認定に申し立てってできる?どうやる?

 

要介護認定に納得がいかなかった場合は、「要介護認定不服申し立て」をすることが出来ます。

「要介護認定不服申し立て」の制度は、都道府県が設置する「介護保険審査会」に請求することが出来ます。
(各都道府県庁の介護保険課に尋ねて下さい。)

 

これは認定結果が届いてから

  • 60日以内に必要書類一式を揃えて申請しなければならず、
  • 結果が出るまでに3~6ヶ月、長くて1年の時間を要します。

 

これは、県と保険者が書類のやり取りをし、申し立てが認められれば、認定審査会自体をやり直して改めて介護度を出してもらうことになるので、それぐらいの時間がかかることになります。

本人・家族が申請するのが難しい場合は代理人でも行うことができます。
担当のケアマネージャーでも委任状があれば可能です。

 

またその間(審査請求期間)は、介護度が「無」の状態になりますので、利用に関しても全額自己負担や一時的な利用の休止、認定結果が出てからの後日払いなど、対応は違ってくると思いますが、いずれにせよサービスの利用を欠かせない利用者にとっては負担がやや大きいといえます。

 

不服申し立てより区分変更申請がデメリット少ない(ケアマネ談)

 

要介護認定の結果への申し立ては、介護度が下がったことに対してはもちろん、上がったことに対してもあります。 結果がきちんと状態に見合っていれば問題ないでしょうが、主治医意見書にしても、認定調査票(訪問調査)にしても、人の手で行われているので、やはり実際の本人の状態とはズレが生じることも仕方ないのかもしれません。 認定結果が訪問調査員の調査内容によっても違ってくるのも事実だと思います。

それであまりにも大きな認定結果のダウンやアップが出れば、やはり不満や疑問も出てきますよね。 なので、納得できる認定結果を得るには、やはり主治医と訪問調査員にきちんと本人の状態を伝えることが必要でしょう。 (医師によっては本人の状態が変わっていても、前回記載分を見て、何年も同じ内容を書き続ける人もいます!)

そして、それでも結果に納得がいかない状況になれば、保険者に認定情報の開示を請求し「審査判定資料」を見ながら説明してもらってください。(要介護認定等情報提供申請書に必要事項を記入し、保険者の介護保険課に請求します。本人・家族・ケアマネージャーなどの代理人が請求できます。)
もしかしたら自分が思っているのとは違って、本人の状態に見合った介護度だったということもありますので。

 

ケアマネは手続きが面倒なのもあるかもしれませんが、利用者の精神的・金銭的負担を考えて、不服申し立てよりも、あまり時間もかからない区分変更申請(心身の状態が変わった時の介護度の見直し)を行うことが多いと思います。 おそらく一般的にもあまり不服申し立ては行われていないのではないでしょうか。

 

 - 認知症