居宅介護支援事業者の選び方のポイントは?

   

 

初めて介護保険の申請をして、役所の窓口で「居宅介護支援事業者一覧」っていうものをもらった。
よくよく聞いてみたら、自分でケアマネージャーを探さなきゃいけないらしい。

役所からは「紹介はできません」と言われたし、どうやって選べばいいの?

 

居宅介護支援事業者の選び方のポイントは?

 

役所関係から、特定の事業所や特定のケアマネを紹介することはできません。

ですから、役所で新規申請をした場合に居宅介護支援事業者一覧(介護サービス事業者一覧)のようなものをもらえるので、その一覧の中から自分で選ぶという作業になります。

 

でも初めてならなおさら皆目見当もつきませんよね。
知り合いのケアマネージャーでもいれば、スムーズにお願いできるでしょうが・・・。

とりあえず手当たり次第電話して、会ってみて、気の合いそうな方にするというのが一番だと思います。

 

地域包括支援センターでも、特定の事業者を紹介できないのは本来同じですが、それぞれの事情に合わせた事業者を教えてくれることもあります(事業者選びのアドバイスをもらえる)。
どうしても困った場合は、地域包括支援センターに相談してみてはどうでしょうか。

 

もし新規申請ではなく、今の担当ケアマネージャーを変えたいということであれば、利用しているヘルパーやデイなどの事業者から、良いケアマネージャーを紹介してもらうのもよいかもしれませんね。

 

良いケアマネージャーを選ぶポイントは

良いケアマネージャーかどうか?は、少し関わってみなければわからないことですが、選ぶポイントとしては、以下のような感じでしょうか。

  • しっかり本人、家族の話を聞いてくれる
  • 必要なサービスを導き出してくれ、利用に繋げてくれる
  • 介護保険制度をよく理解している
  • フットワークが軽い(困りごと、相談ごと、各種手続きなどに対して動きが早い)

 

また、病気なども配慮しなければならない医療的要素の高い方を担当するなら、元の職種(保有資格)が看護師や保健師などのケアマネージャーであれば、ケアプラン作成の際も安心できるものになるでしょう。
介護福祉士だったら、介護領域には強い・・・というようにケアマネージャーの保有資格によって、多少の違いがあることも判断材料のひとつになります。

 

いずれにせよ、この事業者に決めたら一生変えられないという訳ではないので、しばらく担当してもらって、どうしてもうまく付き合っていけないようであれば、また変えることも可能です。

 

会って話してみて気が合う事業者を見つけて(ケアマネ談)

 

私の地域では「居宅介護サービス事業者一覧」というものがあって、これには

  • 居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)
  • 訪問介護事業所(ヘルパー)
  • 通所介護・通所リハビリ(デイサービス・デイケア)
  • 福祉用具業者

など、地域のほぼすべての事業者が網羅されているのですが、この中からご本人やご家族が選ぶときによくあるのが、「上から選ぶ」だったのです。

この一覧はあいうえお順に作成してあったので、「あ行」に書いてある業者に集中していることもありました。

そんなことがあってはいけないとは思うのですが、何もわからないところから選ぶときには、そうなっても仕方ないのかな・・・とも感じていました。

 

私個人としては、少々手間はかかるかと思いますが、やはりいろいろな事業者に電話してみて、会ってみる、そして話してみるのが一番だと思います。

仕事ができ、各分野と連携できるケアマネージャーならなお良いと思いますが、大切なのはご本人・ご家族と「気が合う」ことだと思うからです。

 

 - 介護