要介護認定は誰が決める?国?自治体?

   

 

要介護認定って、申請は役所の介護保険課にしたけど、要介護度は実際誰がどうやって認定結果を決めてるの?

要介護認定は誰が決める?国?自治体?

 

要介護認定は簡単にいうと・・・
「市町村に設置された介護認定審査会によって判定市町村によって認定」となります。

 

要介護認定の流れは以下のような感じです。  

訪問調査

  ↓

一次判定(訪問調査の結果をコンピューターによる集計で一次判定)

  ↓ 

二次判定(一次判定結果と主治医意見書を基に、認定審査会が判定)

  ↓

要介護度の認定(認定審査会(二次判定)の判定に基づき、市町村が要介護度を決定)

 

介護認定審査会は市町村に設置されます。

保健・医療・福祉の専門知識を持つ経験者(医師、保健師、看護師、理学療法士、介護福祉士など)5名程度で構成され、市町村長が任命します。
この認定審査会では、一次判定の結果と主治医意見書の内容や前回の要介護度を参考に、一次判定では評価しきれない、つまりコンピューターでは計りきれない部分を慎重に協議し、その人にどれくらい介護が必要かを判定します。

市町村が要介護度を決定、、、とありますが、認定審査会で判定された結果にほぼ決定されます。 国は制度は決定しますが、要介護認定には一切関与しません。 都道府県も介護保険審査会は設置されていますが、介護認定審査会は自治体になるので、直接的な関与はありません。

 

要介護認定が見合わないのは理由がある(ケアマネ談)

 

要介護認定は認定審査会で協議されて決定されています。

市町村は認定審査会の結果を確認して、ほぼその通りの認定結果を出します。認定審査会の結果が市町村によって変更されたのは、私はあまり見たことがありません。市町村は被保険者証に印字するだけ・・・というと語弊があるかもしれませんが、決定権は認定審査会にあるように思います。

要介護認定の結果が実際と見合わない場合があります。
国は様々な高齢者のデータからイメージ像を定め、要介護認定の判断基準を決めているのですが、実際の高齢者はひとりひとり状態は違うのにそのデータに当てはめようとすることから、矛盾が生じてしまうのも仕方ないことなのかもしれません。

 

 - 介護