要介護認定の申請に必要なものは?

   

 

事前に準備しておきたいんだけど、要介護認定の申請に必要なものって何だろう? 何を揃えればいい?

要介護認定の申請に必要なものは?

 

要介護認定の申請に必要なものは以下の通りです。

1.介護保険被保険者証(65歳以上)

65歳になると全員に市町村から交付されます。
これには新規申請の場合は要介護度の記載はありません。

また紛失してしまった場合は、申請と同時に再発行手続きが可能です。

 

2.医療保険被保険者証(40~64歳)

それぞれが加入している医療保険の保険証です。
40~64歳の方は事前に医師などに申請可能かどうか確認する必要があります。

3.主治医の氏名、医療機関名、所在地、電話番号などがわかるもの

主治医意見書を用意してもらうのに必要です。

4.介護保険要介護・要支援認定申請書

申請の際、窓口で用紙がもらえます。
本人の氏名、住所等や現況を記載します。
主治医の記載もあります。

参考:

介護保険 要介護・要支援 ( 新規 ・ 更新 ・ 変更 ・ 転入 ) 認定申請書

認定申請書の書き方について

5.認定申請確認票(各自治体によって名称に違いあり。無い自治体もある。)

申請の際、窓口で用紙がもらえます。訪問調査の参考資料となるのようなものです。

6.マイナンバーがわかるもの

申請書にマイナンバーを記載する必要があります。

7.認め印

本人・家族は必要でないことが多いです。
本人・家族以外の代理人が申請する際はほとんど必要です。

本人、ご家族が申請に行く際は、以上のようなものを揃えて、役所などの申請窓口へ行きましょう。
書き方は窓口で教えてくれます。

 

医師のフルネームとマイナンバーが盲点(ケアマネ談)

 

要介護申請は役所などの介護保険課で出来ますが、必要なものがわからず申請に行き、足りなかったので家に取りに戻った・・・ということも多々あります。 そうなってくるととても面倒なことに思えてきてしまいますよね。

どうしても忘れがちだったり、わからなかったりするのが、主治医の氏名(苗字はわかっても名前がわからない)や所在地です。診察券などわかるものを持参した方がよさそうです。

あとは65歳未満(40~64歳)の人が申請する時は、医療保険証が必要ですし、特定疾病でないと申請できませんので、事前に医師に確認を取っておかなければいけません。(医師から申請を勧められることもあるようです。)

 

最近はマイナンバー(個人番号)を記載しなければいけなくなっていますので、マイナンバーカード(通知書)も必要になりました。

知らなかったら面倒に思えることも、事前に必要なものを調べていけば、申請もスムーズに行なえそうですね。

 

 - 介護