認知症の親に運転をやめさせるには?

   

先日父親がブレーキとアクセルを踏み間違え、危うく大事故を起こすところだった。もうこんなことは嫌なので車に乗らないように話したのだけど、本人は全く悪気もない様子で、免許がなくなったら困ると言う。
どうしたら運転を止めて貰えるんだろう。

認知症の親に運転をやめさせるには

 

認知症高齢者の運転については現在も社会の重要な課題です。

現在の法律では、

  • 「70歳以上は、高齢者講習の受講が必須」
  • 「75歳以上は認知症の検査(講習予備検査)が必須」

となっています。

 

この「認知症の検査(講習予備検査)」で【認知症の疑いがあるまたは認知症を発症している場合は、免許を停止することが出来る】ということなのですが、それ以外は自主返納が原則となります。

ですから、警察へ行って「免許証を取り上げて下さい」と言っても受け付けてもらえません。 運転を止める、免許証を返納するというのは簡単ではないようです。 もちろん不安を感じ始めて免許を早めに返納する方もいらっしゃいますが、そういった方は認知症ではない方がほとんどです。

 

運転を止めたほうがいい例としては

  • ブレーキとアクセルを間違える
  • 信号無視が増える
  • 車庫入れがうまくできない
  • カーブがうまく曲がれない
  • 道路標識がわからない

等がみられるようになったら要注意なので、家族や周囲の人がいち早く気付くことが大切で、そこから自主返納への説得をすることになります。

 

看護師・ケアマネが見てきた高齢者の免許証問題

 

本人が納得して運転免許証を返納。これは可能なのでしょうか?

「自分はボケていない」「まだまだ運転には自信がある」「絶対に事故は起こさない」「車は生活に必要」…そう信じて止まないのが認知症高齢者の運転に関する認識だと思います。

また事故を起こしかけたり、実際に起こしたりしても、認めたくなかったり、覚えていなかったりして、家族に促されても素直に免許証を返納する人は少ないのが現実です。

 

まず、車に乗らなくなった場合に生じる課題の一番はやはり「移動手段」になると思います。この場合、替わる交通手段(バス、電車、タクシーなど)がないか、出掛ける際は家族が乗せていくことはできないか、などをよく検討し、切り替えられるようならシフトしましょう。

そして運転が楽しみだった場合は、運転しなくなることでうつ病まで引き起こしてしまうこともあるので、何か新たな趣味や楽しみを見つけるようにできるといいでしょう。

 

それ以外なら、良い方法かどうかはわかりませんが、自分が起こしてしまうかもしれない事故の怖さや危険性を話すのもありかもしれません。
結局事故を起こしてからそれを機会に取り上げて返納させたという話が多いのが現実です。そうなる前に、出来るだけ本人の自尊心を傷つけないように、きちんと本人と話し、納得してもらってから免許を自主返納へ繋げたいものですね。

 - 認知症