認知症でも一人暮らしは可能?限界の見極めは?

   

母は施設へ入所しているけど、自宅で一人暮らししている父がこの頃認知症の症状が出始めて心配。まだ物忘れ程度だけど、これから認知症が進んでしまったら、どれぐらい一人暮らしが続けられるんだろう?

認知症でも一人暮らしは可能?限界の見極めは?

 

認知症の一人暮らし。認知症が進んでいることに気付いていないだけで、一人暮らしをしている人は意外と多いのかもしれません。

 

認知症の一人暮らしを支えるサービスとしては…

  • デイサービスやデイケアの利用
    一人で自宅にいる時間を短くするのはもちろんですが、他者との関わりも持てます。
     
  • ヘルパーの利用
    一緒に家事を行なったり、買い物に行ったりします。
     
  • 配食サービスの利用
    ただ配食するだけではなく、配達の際に安否確認も兼ねています。

…などが考えられます。

なお、火元に関して、ガスから電気へ変えることを検討される方がいらっしゃいます。
しかし使い方を覚えられないことも多いので、これは認知症が出る前に、早い段階でしておいた方がいいと思います。認知症が出てからでは無理です。

 

デイサービスやデイケア、ヘルパーの利用は、介護度によっても利用できる限度があるので、毎日を予定で埋めることは無理かもしれません。
可能なら月・水・金はデイサービス、火・木・土はヘルパー、毎日の配食サービスといった感じで対応できるのではないでしょうか。

 

ただ、すべてのサービスも24時間ずっと見守り出来るわけではありませんので、そこまでの見守りが必要になったら、一人暮らしは難しいと判断できるのではと思います。

では「見守りが必要」=「一人暮らしは難しい」状況とはどんなものでしょう。

  1. ご飯の炊き方がわからない、炊いたことを忘れて放置している。
  2. 冷蔵庫に作り置きしているものを忘れる、いつのものかわからないそれを食べる。
  3. ゴミ出しや片付けができない。
  4. 火の不始末が増える。(火の消し忘れ)
  5. お風呂に全く入っていない、お風呂の炊き方がわからない。
  6. お金の管理ができない。
  7. 薬の管理ができない。
  8. 周囲に迷惑をかけている。
  9. 出て行って帰って来られなくなる。

・・・といったようなことがあげられると思います。
(もちろんこれは以前は出来ていたということが前提です。)

例えば123に関して、ある程度はヘルパーで対応できるかもしれませんが、

  • 2の場合、作り置きしたものをすぐに食べないので結果として腐らせてしまう、それを食べてしまう、
  • 3の場合、片付けた状態を維持できないのでまた散らかってしまう、

という状況に陥ることもあるので難しいでしょう。

また6に関しては後見人を付け金銭管理を行うことはできますが、これも現実にはあまり多くありません。

こうなってくると、もう自宅での一人での生活は難しいと判断できるのではないでしょうか。

 

自宅にこだわらず、施設も検討して(ケアマネの立場から)

 

認知症も初期症状程度の方なら、一人暮らしも可能でしょう。

だんだんと進行してしまうと、日常生活が出来なくなり、命の危険も出てきます。

慣れない環境は認知症を進行させてしまう恐れが高いので、出来るだけ住み慣れた自宅で生活していけたら・・・というのがご家族の願いでもあると思います。

ですが、限界を感じたら、心が苦しくても、グループホームなどの施設への入所を考えてみてください。
実際に入所したら、ご本人の不安部分が取り除かれて、意外と状態が落ち着くこともありますし、ご家族の心の負担が軽減されるという良い面もありますよ。

 - 認知症